オオカミが飼い犬に近づいた時、見ていることしかできなかった… そして考えられないことが起こる

2016.10.05 topics

th_1

 

2003年、アラスカのジュノーに住む自然写真家ニック・ジャンズさんは愛犬のラブラドールと日課である散歩をしていたところ、凍った湖の上で野生動物に遭遇します。
 
大きな黒い狼が彼のことを真っ直ぐじっと見つめていたのです。
出会った瞬間、心臓が飛び上りました。
 
ニックさんはこれまでも野生の狼を安全な距離から撮影してきましたが、その時、リードをつけていない彼の犬が狼に近づいていってしまうのではないかと心配していたのです。
 
すると、愛犬はこの野生のオオカミに真っ直ぐ向かって行ってしまいます。
その状況にニックさんはパニックになり、気が気じゃなかったそうです。
 
しかし、次の瞬間ニックさんは驚く展開を迎えたのです。
 
th_1

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る