「弱音はどんどん吐け」自衛隊メンタル教官が教える心の疲れをとる技術とは

2016.10.08 topics

th_sam

 

こちらが自衛隊のメンタル教官が教える 「心の疲れをとる技術」です。
 


 


 
そう、社会一般的に良くないこととされている「弱音を吐く」という行為を肯定する内容でした。愚痴をこぼすことで適度にストレスを軽減し心の整理が出来るんだとか。
 
弱音を吐いてはいけないという日本社会の風潮が、鬱になる人々を増やしている原因になってしまっているのかもしれませんね。
 
元自衛官だったという男性からもこんなコメントが寄せられています。
 


 
実際に先ほどの方法は教わり、自衛隊を辞めたあとに一般企業で働き始めてからも実践して世の中に広めようとしても、やはりその考えは簡単には受け入れてもらえないようですね。
 
この意見には納得ですね。
 


 
確かにやめるやめるっていっている人に限ってなかなか辞めようとはしないですよね。
本当にやめる人は自分の中でその感情を押さえ込んでしまい、ある時急にボキッとメンタルが折れて辞めていってしまうそうです。
 
仕事中は毅然とした態度で弱音は吐かないにしても、気心が知れた仲間と集まった時には溜まっている愚痴はどんどん聞いてもらった方がいいようですね。
逆にあなたが愚痴を聞かされた際にも、本当に大切な人なら優しく受け止めてあげましょう。
 


Writing by Y.sato of cadot


出典:事務課リー@zimkalee


画像引用元:akiyokoShutterstock.com


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る