パブの駐車場に車を一晩停めたところ、一枚の手紙が… そこに書かれていた飲酒運転対策が素晴らしい

2016.10.22 topics

sam1

 

世界各国で問題となっている飲酒運転問題。
 
アルコールを摂取した状態での運転は、判断能力の低下や瞬発力の低下している状態のため、運転することは非常に危険であり、法律で禁止されているのは周知の事実かと思います。
 
しかし、中には「ちょっとしか飲んでない」「車で来ちゃってるから仕方がない」と言った理由から、軽い気持ちでハンドルを握り、取り返しのつかない事故を起こしてしまうのです。
 
そんな飲酒運転問題が騒がれる中、カナダのアルバータ州に店舗を構える、あるパブの飲酒運転対策が称賛を得ています。
 
カナダに住む、ポーラ・グジェラク・シュルツさんは2016年10月のある日、パブで楽しいひと時を過ごしていました。
 
この日車でパブに訪れていたポーラさん。
 
お酒を飲んでいたため、当然車に乗って帰ることはできません。
 
彼女は一晩だけパブの駐車場に車を置いていくことにしました。
 
そして次の日、パブに停めていた車を取りに来たポーラさんは車に手紙が貼られていることに気がつきます。
 
お店の入り口付近に車を停めていたポーラさんは「お店の邪魔になって、怒られるかもしれない…」と恐る恐る内容を見ることに。
 
しかし、そこには書かれていたのは「怒りのメッセージ」ではなかったのです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る