「何か様子がおかしい」駅の柵に繋がれた1匹の犬…驚きの事実が判明し怒りに震えた

2016.10.24 topics

th_sam

 

アメリカ・ニューヨークの地下鉄構内で許せない出来事がありました。
 
それは多くの人が集う朝のラッシュアワーの時間のこと。
スロープの柵にリードで繋がれている1匹の犬がいました。
 
th_1
 
多くの人が行き交いますが、皆それぞれが忙しいので犬には誰も見向きもしません。
 
たとえ誰かが目に留めても、きっと飼い主さんを待って一時的に繋がれているに違いないと思うことでしょう。
 
しかし、そんななかその犬の様子に少し不信感を抱いた女性がいました。
その女性の名はサラ・ボロックさん。
 
彼女はよーく見るとその犬が小刻みに体を震わせ、寂しそうな目をしていることに気が付きました。
 
そして悟ったのです。
 

 
この子飼い主を待ってるんじゃなくて、ここに捨てられたんだわ。
 

 
しかし、彼女も仕事に行く途中だったので、とりあえず警察に連絡をして保護してもらうことに。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る