14才の少年が歌う曲を発表した瞬間、審査員は鼻で笑う… しかし歌を聞いた瞬間、観客を圧倒する

2016.11.09 topics

sam

 

ジャック・ヴィジェンくんは、オーストラリアのシドニーに暮らす14歳の高校生。
ジャックくんは人気オーディション番組「Australia’s Got Talent」のステージに上がりました。
 
彼はジャスティン・ビーバーに似せているというブロンドヘアーがとてもキュートで、あどけない顔をした14才。
そんな彼が選曲したのは、なんと世界を代表する歌姫ホイットニー・ヒューストンの『I Have Nothing』。
 
かなりの歌唱力がないと歌えない彼女の歌を選曲した彼に審査員は驚いた表情を見せます。
 
しかし…
 

 
「難しい曲を選んだね。これは最高か最悪な結果しかないな」
 

 
審査員も観客もそこまで期待していない様子だったのです。
 
しかし、彼はその驚異的な歌声で観客を圧倒することに…
今回、そんなジャックくんの驚異的な歌唱力をご紹介します。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る