14歳の少女が死亡… 子どもに飲ませてはいけない飲み物とは。

2016.11.30 topics

sam

 

生活習慣病や認証などの病気に悩まされることなく、元気に長生きできることを誰もが願っているかと思います。
 
その長生きの秘訣は何よりも「食生活」が大切とも言われています。
しかし、中にはその食生活の乱れが原因で、寿命を縮めてしまう人も大勢いるのです。
それほどまで、私たちが口にするものには命に直結することを改めて考えならない事件が起きました。
 
今回ご紹介するのはアメリカで起きた死亡事故。
 
なんと14歳の少女が「ある飲み物」を飲んだことによって、カフェインの毒性による心臓の不整脈になりこの世を去りました。
 
その時に摂取したカフェイン量は、480mg。
成人の1日のカフェイン摂取量の限度は400mgとされており、14歳の少女にとってどれほど危険な量かわかるかと思います。
 
この致死量ともいえる量を摂取したの少女は、実は「ある飲み物」を2本飲んだだけだったのです。
 
1

 

そのドリンクの正体とは一体…?

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る