95歳の認知症の男性がセッション仲間を募った結果… 奇跡の展開に!!

2017.01.13 topics

sam

 

95歳のイギリス人、エドワード・ハーディーさん。
彼は40年の渡りジャズピアニストとして活躍されてきたそうです。
 
th_1
 
そんなエドワードさんですが、現在は認知症が進行してしまったこともあり、介護施設に入居しながら生活をしているそうです。
しかし、エドワードさんは介護施設では上手くいかず、孤独感を募らせる一方だったそうです。
 
そんな日に日に元気がなくなっていくエドワードさんを見ていたスタッフは、「エドワードさんと一緒にジャムセッションをしませんか?」と広告サイトに投稿。
 
すると、その広告を見た約80人の方々からの応募がありました。
 
そして、そこにはまさかの人物が紛れ込んでいたのです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る