阪神淡路大震災から22年目を迎えた日、警視庁が「パスタの作り方」を投稿した深い理由

2017.01.20 topics

sam

 

1995年1月17日に突如人々を襲った阪神・淡路大震災。
 
この震災で亡くなったのは6434人。
震災によって命だけではなく、建物の倒壊が相次ぎ、多くの方が避難を余儀なくされました。
 
そんな震災から2017年で22年を迎え、黙祷を捧げた方も多いかと思います。

 

そんな1月17日に警視庁の公式Twitterアカウント警視庁警備部災害対策課 (@MPD_bousai) が投稿した「パスタのレシピ」が話題を集めました。
 
なぜ、この日にパスタのレシピを投稿したのかと多くの方が疑問に覚えたと思います。
 
これには、深い理由があったのです。
 
警視庁が1月17日、震災の日にあえて「パスタのレシピ」を投稿した理由をご紹介します。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る