肺炎で入院した元SMAP 中居正広。入院時の心境をラジオで語り、そのプロ意識の高さにファン驚嘆

2017.02.05 topics

sam

 

中居さんは1月中旬に気管支炎と肺炎により、1週間ほど入院をしており、同番組が収録された24日には既に退院していたようですが、大事を取って欠席をしています。
 
そんな中居さんが、1月28日に放送された自身がパーソナリティを務めるラジオ番組『中居正広 ON&ON AIR』にて心境を語りました。
 
中居さんによると、自身が司会進行を務める日本テレビ系の『ナカイの窓』ロケ翌日に体調に異変を感じ、病院にて検査を受けたそうです。
 
結果は気管支炎と肺炎で、軽い肝炎の疑いもあったと言います。
 
その後、1週間ほどの入院を経て、復帰を果たしていますが、24日にテレビ朝日系で放送されている『中居正広のミになる図書館』は大事を取って欠席。
 
このことに関して中居さんが言及し、高すぎるプロ意識を感じさせる言葉を発し、大きな反響を呼んでいます。
 
2016年はSMAPの解散などもあり、心身的にも疲弊していたであろう中居さん。
彼は今回の入院の診断が出た時、どんなことを思ったのでしょうか?

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る