残酷なほど似ていない酷評のフィギュア。批判殺到する中、天才によってリメイク「本当に人形?」

2017.02.06 topics

sam

 

アニメや映画のキャラクターのフィギュアをコレクションされている方は、世界中かなりおられるようです。
 
中でも日本製のものは精巧なものが多く、ガチャポンやコンビニの食玩でもものすごいクオリティーの商品が低価格で売られていて、たまに驚かされてしまいます。
 
今回はそのフィギュアに関する話題。
 
アメリカでつくられたとあるフィギュアが、何しろ別の意味で驚かされてしまう代物なのです。
というのも、そのフィギュア、
 

「本物とまったく似ていない!!」

 
とTwitter上で酷評されて大炎上するハメになってしまったのです。
 
その問題のフィギュアというのが、こちら。
 


 
これ、誰だかわかりますか?
ヒントは大ヒットファンタジー映画に出ていた、超美しい女優さんです。
 

みなさん、正解わかりましたか?
このフィギュアの元となっているのは、なんと映画「ハリー・ポッターシリーズ」のハーマイオニー・グレンジャー役で知られる女優エマ・ワトソンさん!!
 
わかった方、いましたか?
 


 
この何から何まで似ていないフィギュアは、実写版映画「美女と野獣(Beauty and the Beast)」でヒロインの少女ベル役を演じた際のエマ・ワトソンなのですが…。
 
いや、これ、まったく似てないでしょう!
というか、なんでこんなちっともかわいくない仕上がりになっているんですか、これでよく販売したものです。

 
というわけでTwitter上では、エマ・ワトソンファンがブチ切れまくるという展開に発展してしまったのです。
 
そんな事態の中、一人の天才アーティスト(造形師)が登場し、巧の技術で大改造してくれました。
すると、あの見るも無残な仕上がりだったエマ・ワトソンが本物そっくりに!
 
その画像を製作の過程から御覧ください。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る