これぞ神対応!バカリズムが女子高生への注意の仕方を披露し「天才か!」と話題に

2017.02.26 topics

sam

 

お笑い芸人としてだけでなく、俳優や脚本家、作詞家などマルチに活動しているバカリズムさんが、電車内の女子高生をどう注意するかに関して披露し話題を呼んでいます。
 
2017年2月23日にテレビ朝日系列で放送された人気バラエティ番組の『アメトーーク!』
 
同番組内での企画「立ちトーーク!」にて、若手お笑いコンビであるアキナの山名さんが電車内でのマナーについてどう注意すべきかを相談しています。
 

 
「電車のマナーの話なんですけど… 座席が埋まってるときに、女子高生が先頭車両の空いたスペースの床に座ってるときないですか? そこで化粧とかしてるんですよ」
 

 
これに対して、山名さんは注意ができなかったそうです。
 
1
 
よく、電車でみかける光景ですが、確かにどう指摘して良いか分からずに困り果てた末に何もできないなんて人も少なくありません。
 
こういったことに対して、スパッと注意できる大人は格好良いですがそれって中々難しいですよね。
 
山名さんも自宅に帰ってから女子高生に対して注意をするイメトレを行ってみたものの、結局良い負けてしまったそうです。
 
どうしてイメトレで負けるの?というツッコミは置いといて…。
 
実際にこのシチュエーションに遭遇したらどうするのか、スタジオ内で小藪一豊さんが注意する役となって挑戦するものの、女子高生に言い負かされてしまうというシチュエーションになってしまったのですが、バカリズムさんは完全に女子高生を言い負かし、立ち上がらせることに成功。
 
その方法がまさに目からウロコと話題を集めることになりました。
 
今回、そんなバカリズムさんが行った、女子高生への注意の仕方をご覧ください。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る