【終点】日本社会の働き方を描いたマンガがリアルすぎるて怖いと話題に…

2017.03.06 topics

sam

 

残業、土日出勤、社畜、気が付いたら終電。
学生の頃に思い描いていた社会に貢献するということ。
 
1

 
就職して1ヶ月も過ぎれば、そんな思いもどこへやら。
厳しいと言われる就職活動前線を何とか生き残って、やっとの思いで手に入れた内定という2文字。
 
しかし、会社に入ってしまえば辛い日々を過ごし、上司には散々怒られて、残業、残業、残業の毎日。
 
そしてやっとの思いで迎えた華金では思いっきりはしゃいで、土日は寝だめ、そして再び迎える月曜日。
 
そんな日本社会の現実をリアルに描きすぎた漫画がTwitterに投稿されて話題を呼んでいます。
 


 
そんな感想も飛び交うほど、闇に包まれた漫画がコチラ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る