「忘れないことが一番の防災」東日本大震災を前に銀座に現れた防災広告。そこから津波の恐ろしさを改めて知る

2017.03.09 topics

sam

 

2011年3月11日に起こった東日本大震災。
マグニチュード9・1、そのすさまじい破壊力と、押し寄せた最大16.7mの津波により、東北地方を中心に、甚大な被害をもたらたしました。
 
あれから間もなく6年の月日が経とうとしています。
いまなお避難生活を続けたり、復興に注力する方がいる一方、被害の少ないエリアにお住まいの中には、当時の記憶が薄れている方もいることでしょう。
 
しかし地震は必ずやってきます。
そのときには、私たちは東日本大震災の教訓を生かしていかなければなりません。
当時の悲しみや苦しみを忘れて、前を向いて生きていくことはとても大切。
ですが、危機感までは忘れてはいけないのです。
 
そうした中、
「東日本大震災を忘れてはいけない」
と題された防災広告が、銀座のソニービルに掲出されました。
 
広告はヤフー・ジャパンによるもの。
この防災広告のメッセージ性が非常に強く、「シンプルでわかりやすくそして怖い」「数字で言われるより何十倍も説得力がある」とネット上で称賛されています。
 
その広告をご覧ください。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る