ジャパネットたかた前社長が教える、子どもの成長記録を残す上で大事なこと

2017.03.14 topics

sam

 

卒業、入学と子どもが成長したことを身に染みて感じることのできる春。
そんな大事なシーンにカメラ片手に奔走するお父さん、お母さんも多いのではないでしょうか。
 
子どもの成長記録をしっかりと写真に残すことは、とても大切な事。
しかし、それらの写真に収められているのは、子どもだけとなってしまっている人も多いはず。
 
そうなってしまっている人に対して、高田ジャパネットたかた前社長の言葉をお届けします。
ジャパネットたかたを創業する前、長崎県佐世保市でカメラ屋の経営をしていた高田社長。
 
その当時に、小さなお子さんを撮影する上で、大事にしていたことがあります。
 
それは、子どもの両親も一緒に撮影をしてあげること。
 
では、どうしてそのことにこだわっていたのでしょうか。
高田社長の思いがコチラ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る