英語の女教師を好きになった僕。視線を送り続けていた事がバレ、放課後正門で待ち構える先生の車に乗せられた…

2015.03.18 topics

1111

授業はサボりがちで、学校もほとんど遅刻をしていた僕。
特に、1時限目と2時限目に多かった英語の授業に関しては全くと言っていい程出席できていませんでした。
 
友人から「英語の先生が変わって、今新しい先生だよ」と話は聞いていましたが、そんな事に興味もなく聞き流す程度に留めていました。
 
しかし、その英語の先生がかなりしつこかったのです。
自宅に何度か電話をしてきては、「出席足りてないよ」「テストに出る所教えるから放課後残って」「ちゃんと出席しなさい」と、度々電話を掛けて来ては注意を受けていました。
 
「担任でもないのにしつこいなぁ」

 
と面倒に感じていた僕でしたが、2時限目からの英語の授業に奇跡的に間に合い、初めて電話で声だけを聞いていた”うるさい先生”と対面する事に。
 
そしてまさか、その先生に一目惚れをする事になるとは想像もしていませんでした…
 
単純だった僕は、その日から先生の顔を見るためだけに英語の授業に遅刻せず出席する様になっていました。
ですが、先生の事ばかりを見ていた事、メモに書いて携帯番号を渡した事で僕が先生の事を好きだという事が薄々バレてしまったのです。
 
そして、放課後ほとんどの生徒が帰宅した時間帯に学校を出ようとすると、正門先の道で先生が車を停めて待ち構え、「乗りなさい」と言われ、助手席に乗りこむと、先生は驚くべき内容と条件を話し出したのです…

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る