「人の話を理解できない」そんな子が最先端の研究者に…小学時代の教師のちょっとした工夫が彼の人生を変える

2017.03.21 topics

sam1

 

人の話が聞けない、落ち着きがない。
 
彼らは、必ずと言って良いほど「できない」というレッテルを貼られてしまいます。
 
周囲と比較をしても少し違うだけで「変な人間」扱い。
 
大抵の場合、上辺だけの情報によってでしか、人間の善し悪しは判断されておらず、誰も彼らのことを本質的に見ようとはしません。
 
このことに関してTwitterユーザーである、ぽんた(@Pontamama12345)さんが自身の経験を踏まえた上で、現代の教育に疑問を投げかけています。
 
教師である彼は、10年前に周りとは少し雰囲気の違う一人の生徒を受け持ったそうです。
 
担任を引き継いだ時も、「なかなか人の話が理解できない」と接するのが難しい生徒なのだと教えられたぽんたさん。
 
しかし、ぽんたさんが行った些細な工夫によって、この生徒は劇的に変貌を遂げたそうです。
 
その気になる内容がコチラ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る