白バイや教習シミュレータは「現実に即してない」とクレーム。しかしそのシミュレータ内容の真相に絶句

2017.03.24 topics

sam

 

自動車やバイクの免許を取るには、教習所に通う必要がありますよね。
そこで、実際に車に乗る前や、実際には体験できない・体験するのが困難なものを、シミュレーターで疑似体験します。
 
急ブレーキや悪天候・悪条件での運転や、ケーススタディなど。
 
しかし、その教習シミュレーターは「登場人物が自殺志願者だらけ」「殺戮ゲームか」といった声が少なくありません。
シミュレーターを使ったことのない人には意味が分からないかもしれませんが、本当にそう思ってしまうくらい、自ら轢かれにくるような登場人物が多いのです…!
 
そんな自殺志願者が続々登場すると噂の教習シミュレーターや白バイ用のシミュレータについての意見がTwitter上で話題になっています。


 
昔から「教習シミュレータひどすぎ」と度々話題になるほど、教習シミュレータは運転する車の前に躍り出てくる人物が多すぎます。運転している側からすると、本当に「今、自分から轢かれにきたよね!?」と苦情を言いたくなります。
 


 
逆転の発想とはこのことか…!
シミュレータは決してフィクションではなく、現実にあった自殺志願者(仮)をまとめたようなものだったと。
 
そしてそれが、あながち間違っていないのでは、と思う意見がありました。
それがこちら。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る