定年退職を迎える駅員。最後の日に仲間たちが送った『サプライズ』に涙がこぼれる…

2017.03.29 topics

th_sam

 

春、それは出会いと別れの季節。
これから社会人になる人もいれば、そこから巣立っていく人もいます。
 
東京メトロ日比谷線で駅長として働く石山浩治区長。
今年3月で定年退職を迎えることになりました。
 
昭和50年に入団した石山区長は、駅で毎日多くの人を見守ってきました。
山あり谷ありいろいろあった仕事人生、時刻表通りに電車を走らせるのが当たり前。
誰に褒められるでもなく、毎日、社員のみんなで電車を走らせて来ました。
 
th_1
 
そんな石山区長へ、東京メトロの社員は、働く人の相棒であるサントリー「BOSS」と協力し、今までの感謝の気持ちを込めた『サプライズ』を決行することにしました。
 
長きに渡り、駅の安全に努めてきた彼に社員たちが送った『サプライズ』とは……。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る