「プロの絵描きになれる人となれない人の差」を描いたイラストが身に覚えありすぎて胸が痛い

2017.04.15 topics

sam

 

昨今ではSNSの普及やスマホゲームの人気なども相まって、絵を描く方の活躍の場が広がったため、
 

「イラストレーターになりたい!絵師になりたい!」

 
と目標を持つ若い方が多いようです。
とはいえ、プロというのはそれでお金をもらえることが前提。
絵の上手さだけでなく、そうした商業としてやっていける資質も大事になってきますよね?
 
初音ミクのファンで、イラストも描かれるЮрй(ゆうり) @otyakana さんが「商業での作品作りに向いてる人と向いてない人の違い」と題したイラストをTwitter上で投稿して話題になっています。
 
プロとしてやっていけるタイプと、向いていないタイプ、果たしてその違いとはどのようなものなのでしょう?
クリエイティブな仕事に就きたいと思っている方は必見です!

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る