GACKTがマレーシアに移住して気付いた海外で通用しない日本人の心理「最初から『NO』を想定していない」

2017.04.20 topics

sam

 

カリスマ的人気を誇るミュージシャンのGACKTさん。
5年以上前からマレーシアのクアラルンプールに移住し、日本との往復生活を送っています。
その豪邸がテレビで紹介されるなどして話題にもなっているので、ご存じの方も多いでしょう。
 
そんなGACKT2017年4月16日に放送された、テレビ朝日系トーク番組『人生で大事なことは○○から学んだ』に出演。
マレーシアに住んだきっかけについてはじめて詳細に言及しました。
 

「30代の頃は本当に仕事しかしてなくて、振り返ったら何も思い出がないなって思って。これだとこのまま人生が終わるかもって思って。もうちょっとゆっくりした時間を過ごそうって」

 
そのような思いから移住を決めたのだというGACKTさん。
そんなGACKTさん、同番組内で「日本人に聞いてほしい◯◯社会で大事なこと」というトークテーマで、現地で目撃したとある光景を紹介したのですが…。
 
そこで語られたのは、我々日本人の常識を覆すようなエピソード。
GAKCTさん自身も「日本人ってこうなんだな」とそれにより一つの学びを得たといいます。
 
果たしてGACKTさんは「日本人に聞いてほしいこと」として何を語ったのでしょう?

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る