「みんなで温かく見守ろう」京王電鉄が取り組むツバメの巣のフン対策が優しすぎてホッコリ

2017.04.21 topics

sam

 


 
2
 
京王電鉄ではこのように、ツバメが巣作りをする春から初夏にかけて、駅の設置可能な箇所にツバメのフン受け板を設置しているそうです。
認定特定非営利活動法人バードリサーチの協力を得て、2014年から実施している試みとのこと。
 
ツバメを追い払うことなく利用者にも考慮した、とても優しい試みですね!
 
こちらが、実際のフン受け板のデザインです。
 
3
 
通常、多くの人が通行する駅構内には、なるべく鳥の巣が作られないようにネットを張るなどの対策をしているんだ。通常、多くの人が通行する駅構内には、なるべく鳥の巣が作られないようにネットを張るなどの対策をしているんだ。
ツバメの絵柄のとっても可愛いデザインですね。
 
ちなみに左下でニッコリ笑っているのは、京王電鉄キャラクターけい太くんです。

 


 


 

ツバメと人間との快適な共生を目的としたフン受け板、みなさんが言うように京王電鉄の優しさが素敵ですね♪
 
ほかの鉄道事業者の参考になることを願います!
駅を利用するみんなで、温かくツバメの巣立ちを見守りましょう!!

 


Writing by S.Shingo of cadot


出典:Twitter


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る