テニスの試合後、負けた選手が挨拶をしないで一瞬立ち去った理由が素敵すぎると話題に!

2017.04.24 topics

sam

 

コロンビアのボゴタで開催されたテニスの試合で、イスラエル出身のドゥディ・セラ選手とクロアチア出身のイボ・カロビッチ選手が対戦しました。
 
2
 
紳士のスポーツでもあるテニスは、試合終了後に握手やハグを交わして、お互いの健闘を称え合うのがマナーなのですが、今回の試合で負けてしまったセラ選手がコートから立ち去ってしまいます。
 
3
 
当然、呆然と立ち尽くすカロビッチ選手でしたが、この後その顔が一瞬にして笑顔に変わってしまう出来事が起きたのに誰もが納得。
 
その理由がコチラ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る