「それは相手に気を使ってくださいと言ってるのと同じ」人見知りに対する星野源さんの考えが深すぎて感動…

2017.05.05 topics

sam

 

星野さんがこの話題に言及したのは、4月29日放送の『サワコの朝』(TBS系)でのこと。
自身の経験を例にしながら、「人見知り」という言葉に対して以下のように言及しました。
 

“20代の頃「人見知りなんで」ってよく言ってたんですけど、改めて考えたら、人と話すの好きだなと思った。

  
なんで「人見知り」って言ってたんだろうって考えたら、自分がコミュニケーションとるの苦手で、昔からそういうことで悩んできた。
それで、「人見知り」ってすごくいい言葉があるぞ。なんて便利な言葉なんだと。
「自分は人見知りなんですよ」って言って、コミュニケーションが苦手だってことから目をそらしていたんだと思うんです。
  
でも、本当に人と話すこともできない人もいるから、みんながそうってことじゃなくて、僕の話なんですけど。
  
僕みたいな、人が好きなのに人見知りだって言っちゃうのは、相手に「何か気を使ってください」って言ってるのと一緒だなと。
それって、すっごい失礼だなと思って。自分って何様なんだって思ったんです”

 
コミュニケーションが苦手だからと「人見知り」という便利な言葉で逃げてきたのだという星野さん。
しかしそれは相手に「気を使ってねアピール」をしているのと一緒。それはすごく失礼なことだと気が付いたのだといいます。
 
周りにうまく溶け込めない、話すのが苦手…そうした人がつい使い勝ちな「人見知りなんで」という言い訳。
星野さんの言葉は本当に耳が痛いですね…。
 
ネット上でも「言葉が胸に刺さった」と多くの称賛・共感の声が寄せられています。
 


 


 


 


 

今回の発言からも、星野源さんが言葉の一つひとつにしっかりと向き合っているのが非常に伝わってきますね。
彼が今、多くのファンの心をとらえているのもこうした誠実な人柄が大きいのでしょう。
星野さん、今後も活躍を応援しております!!

 


Writing by S.Shingo of cadot


出典:Twitter


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る