72年前のラブレターを天井裏で発見!夫にそのラブレターを届けると、そこで待ち受けていたのは…

2017.05.20 topics

sam

 

メールもなく、電話も普及していなかった時代に、男女がお互いの想いを届けるために使われていたのが、手紙ですが、学生時代にラブレターを書いたなんて人も多いのではないでしょうか。
 
今回は、そんなラブレターにまつわる素敵なお話をご紹介します。
 
舞台となったのは、アメリカのニュージャージー州ウェストフィールドにある、とある民家で、さらには天井裏で1通の手紙が見つかりました。
 
その家に住む女性が改装作業をしていたところ、天井部分に割れている箇所があることに気づき、覗いてみるとそこから出てきたのは未開封の黄ばんだ封筒でした。
 
気になって中身を確認してみると、日付は1945年5月4日と戦時中であることが分かり、バージニアという名の女性が当時ノルウェー空軍にいた夫のロルフ・クリストファーセンさんに送ったものが、戻ってきてしまったようです。
 
と、ここまでは古い手紙が自分の家から見つかったという普通の話ですが、民家に住んでいる女性は、この後ある行動に出て、奇跡を生むことになります。
 
それは一体?

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る