未開の地、グンマー大帝国に足を踏み入れたら…こうなる!無茶した男の末路

2017.05.29 topics

th_sam

 

もう何年も前からインターネット上で未開の地と呼ばれ、非常に多くの「特徴」「噂」があるグンマー。
もはや未開の地グンマーは誰もが知っている土地となっています。
 
グンマーといえば隣の埼玉県との県境からグンマーの県庁所在地まで車で20時間かかるとか、半裸の人間しかいないだとか、独特の言語を用いていて言葉が通じない、周囲の県よりも20度近く気温が高い、なんて「噂」から、自然の風景が非常に美しいという事実まで、いまや多くの人に知れ渡っています。
 
そこで、こな (@kooooona)さんはグンマーを代表する写真として有名な「国境」から、グンマーに足を踏み入れようとしました。
それは人っ子一人見当たらない、大自然が広がる毛無峠。
 
「群馬県」の標識とともに、「この先危険につき関係者以外立ち入り禁止」そして「遭難多発区域」の文字まである場所です!グンマーを代表する場所として非常に有名で、わざわざこの真偽を確かめにこの場所を訪れる人が多いのも事実。
 
そしてここから、こな さんは「入国」を試みようとしたそうです。
 
そしたら…!

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る