これぞアンパンマンの魔法!幼い子どもが最初に夢中になり、突然卒業していくアニメ

2017.06.06 topics

anpanman3
 
anpanman4
 
喋るか喋らないかの頃、おそらく1歳か少し前くらいでしょう、保育園で覚えてきたアンパンマンに興味を示し、夢中になってグッズを欲しがったりアニメを欠かさず見ていた娘さん。
 
たくさんのアンパンマン関係のイベントや遊びをして過ごすも、5歳になる頃アンパンマンが描かれたグッズを「赤ちゃんぽい」と拒否するように。
 
この興味を持ってから急激に拒否するようになるまでの夢中になった期間を、はなのかいぬし@ねこはなはなし さんはアンパンマンの魔法と呼び、魔法が急に解けたと感じたようです。
 
…と、しみじみとあるいは若干切なくなったなったところで、今かかっている魔法に笑います(笑)
 
プリキュア、しんちゃん、ドラえもんは分かりますが…ハットリくん、らんま、犬夜叉って、年代違すぎませんか!?(笑)再放送でもやっていたのでしょうか、気なります。
 
この漫画にしたお話に、非常に多くの方が反応しました!多くの人が自分なりお子さんなりで覚えがあったようで、共感する人も多かったです。
 


 
シンプルな話と食べ物という一時的な欲求が結びついた作品ですし、確かにそういった理由がありそうです!
 


 
愛と勇気だけが友達という歌詞、よく覚えています!ヲタの魔法は…本人は楽しいのでなんとも言えませんね(笑)
 


 
幼児向け番組は確かに小さい子の気を引くようにできているからか、ある程度年齢がいくと興味が薄れますね。
 

また最後の「今かかってる魔法」で思わず笑ってしまった人が多く、年代的におかしくない!?と思った人多数。
 
またキッズアニメでないアニメや漫画にハマっているので、これは「一生解けない魔法」の可能性大ですね!多くの魔法が解けてない大人が「この世界へようこそ」と言っているのが見えます(笑)

 

 

子どもたちを魅了する魔法のアンパンマン、そして子育て中のお母さんお父さんを助けてくれるアンパンマン。
 
これからも変わらず子どもたちのヒーローであり続けるのですね。
きっと成長して思い出した時に、感慨深くなったり感謝したりするのでしょう♪
みんな大好きアンパンマン!

 


Writing by S.Shingo of cadot


出典:Twitter


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る