キラキラネームを持つ営業マン。その自虐的な自己紹介の仕方に「親は子どもが大人になった時も考えて名前つけて」

2017.06.29 topics

sam

 

キラキラネームという単語も、いまでは日本社会にすっかり定着しています。
個性的で、もっと言ってしまえば奇抜で一般には受け入れるのがむずかしいキラキラネーム。
親の価値観の反映ともいえるので、そのことについて他人がどうこう言う権利はないでしょう。
 

でも、その名前を一生背負って生きる子どもからしたら…。
自分の名前があまりに悪目立ちしてしまい、辛いと思う方がいてもおかしくありません。
 
小銭(@kozeni_shkt)が投稿したキラキラネームの営業マンとのやり取りが、話題になっています。
 
名刺を受け取り、名前を見ると相手の男性がまさかのキラキラネーム…。
その方の対応に、小銭さんは「親は子供が大人になった時の事も考えて名前つけてあげてマジで」と思わず感想を抱いてしまいました。
 
実際の投稿がこちらです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る