「あなたのせい、お金返して」息子が受験に失敗し、予備校講師に返金を申し立てる親。その時言った講師の言葉が、その親をハッとさせる事に

2017.09.24 topics

11111

ところどころ女性は噛みつこうとするも、「少しだけ聞いてください」と制御し、話を続けます。
 
「ただ一つお母様に理解してほしいのは、人生には、100%以上の努力を積み重ねたとしても、結果が出ないことがあります」
「受験だけではありません」
「スポーツでも、100%以上の努力をしてもプロになれない人もたくさんいる」
「仕事も恋愛も全部一緒です」

 


「そうして結果が出なかった時、本人はどう考えなきゃいけないか」
「例えば大人になって、仕事で100%以上取り組んでも結果が出なかった時、どう考えなければいけないか」
「もしそこで、「上司が悪い」「一緒に仕事した人が悪い」「会社が悪い」「自分は頑張ったから悪くない」と考えると、どうなってしまうか」
「おそらく、そこから成長することができなくなってしまうと思うんです」

 
話にすっかり引き込まれる、私と娘。
しかしそれは、私たちだけではなく、あれだけ怒っていた女性もまた、同じように話を聞いていました。
 
「今、お母様は、受験に失敗したことが、全て予備校のせいだと言っています」
「でも、本人が、受験に失敗したのは予備校のせいだと思っていいと感じたら、どうなってしまうと思いますか」
「これから起こる人生の壁を、全て何かのせいにして、自分の責任を感じなくなってしまうとは思いませんか」
「そうしてなんでもかんでも人のせい・環境のせいにしていって、自分自身が前に進むことを忘れてしまったら、仮にどれだけいい大学にいっても、決して豊かな大人にはなれないと思います」

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る