寝ボケて送った彼女への”ラブ”LINE…がしかし父に誤送信。すると、既読スルーどころか父から普通に返信が来た…

2015.04.09 topics

11111

LINE。
 
それは、いまや世界各国で誰もが利用する便利なメッセージアプリ。
相手に送ったメッセージは、相手が読めば「既読」が付く事で、今までのメールの機能をより現実化させました。
 
それに加え、絵文字だけでなくスタンプ機能を併設する事で使用者の興味心を煽り、一気に世界へ拡散されましたね。
 
そんなメッセージアプリのLINEで起きたちょっとした珍事件。
これは、何もLINEが普及したから起きてしまった出来事ではなく、メール機能が備え付けられた頃からの”あるある”とも言えるでしょう。
 
朝起きて、ちょっと寝ぼけた状態で大好きな彼や彼女へメールを返信する。
そう…寝ぼけた状態で。
 
しかし、これがまずい。
寝ぼけた状態で「大丈夫」と確信しながらも送信ボタンを押した時にはもう取り返しがつきません。
 
そんな、寝ぼけながらに大好きな彼女へラブメールを送ってしまった男性がここにいます。
そして、その宛先はなんと自分のお父さん…。
 
もしもお父さんに絶対知られたくない一面をさらけ出してしまう内容のメッセージを送ってしまったら、あなたはどうしますか?
 
この男性は、まさにその大珍事件を起こしてしまった様です。
そして、スルーされると思いきやまさかのお父さんから返信が・・・

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る