ついついやりがちだけど…薬を服用する時に一緒に飲んではいけない飲み物。命の危険もあること、知ってましたか?

2015.06.07 topics

ya_1

 
日常生活で体調を崩した際、薬局の薬や病院で処方された処方箋を服用する人も多いと思います。
 
内服薬の説明書きをみると、殆どの場合、「水かぬるま湯で服用してください」という説明書きが記載されています。
 
「水で服用しなきゃいけない」
 
そんな風に知識としては理解していたとしても、ついつい何か別の飲み物で薬を服用してしまうという人も、多いのではないでしょうか。
 
しかし、何気なく薬と一緒に飲んでいる飲み物。
もしかすると、命に危険を及ぼすようなものもあること、知っていましたか?
 
ついついやりがちな、水以外で薬を服用してしまう時、こうした飲み物で服用すると、非常に危険性が高いのでした。

 

そもそも、なぜ薬は水やぬるま湯で飲まなければならないのでしょうか。
そこには、「相互作用」というものが存在しています。
 
薬と飲み物には、飲み合わせが悪い相互作用が働くものがあります。
水だとそうした相互作用は働かず、薬の効能通りの効果が期待できますが、相互作用が働く飲み物で薬を服用してしまうと、薬の作用効果が低下したり、効果が出なかったり、思わぬ弊害を引き起こすものがあるのです。
 
そして、以下のような飲み物の場合、薬と相性が悪く、負の相互作用が働くことも。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る