【絶対許すな】脅迫・恫喝…コンビニ土下座事件犯人たちの信じ難い考えが法廷で明らかに。「誠意ってお金のことですわ」

2014.12.24 topics

222

「どない責任とってくれんねん」
「客に謝罪するのに土下座と手土産は当たり前」
「手ぶらで行きまんのか、オタク、謝りに行くとき」
「誠意っていうのはお金のことですわ」
「たばこと携帯代では話になりませんわ」

 

これは、今年9月、大阪府茨木市のコンビニエンスストアで、男女3人が店長らに因縁をつけて商品のたばこを脅し取り、さらに別の男がコンビニを管轄する営業所長に示談金名目で金銭を要求した事件で、実際に脅しの際にコンビニエンスストア側に使われた言葉だ。
 
過去にもコンビニや飲食店に因縁をつけ金品などを得ていた犯人たちは、この9月の事件で逮捕されていた。
大阪地裁で開かれた公判が12月22日に行われ、有罪判決が出たのだが、そこで明かされた脅迫・恫喝行為の数々の内容は、明らかに常識からかけ離れている様な、信じ難いものであった。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る