認知症の夫を介護し続け、全てに疲れ果て一家心中を決意した妻…しかしその夜、全てをくつがえす出来事が起こった

2015.06.27 topics

rouhu_1

 
介護とは、精神的にも肉体的にも大変な神経を伴うものです。
介護の経験がある方は、その経験からどれだけ大変な事かお分かりになるでしょう。
 
そしてこの女性もまた、介護によって心も体も疲れ果ててしまい、全てを投げ捨ててしまおと決意したそうです。
 
彼女は、夫と二人だけで30年を共に歩んできました。
 
子どもは作らず、二人とものんびりと過ごす事を望んでいたため、夫婦二人三脚で苦楽を共に過ごしてきたそうです。
 
しかし、60歳を超えた頃から夫の様子に異変が。
病院で診断されたのは、「”認知症”」でした。
 
どんどん夫の症状は酷くなり、ついには彼女を誰か認識する事も出来ない程になってしまったそうです。

 

 
キミは誰だい?
 

 

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る