勝敗の決め手はまさかの”オウンゴール”…しかし、自分を責め続ける”バセット選手”を想う世界中のファンとの絆と称賛の声に涙する

2015.07.04 topics

サムネ

なでしこジャパンは2015年7月2日8:00(日本時間)からスタートした、カナダ女子W杯準決勝でイングランド代表と対戦し2-1で勝利を収めました。
 
前半は1-1で終わり、後半戦はイングランドが攻めの姿勢を見せたものの、試合は予想しなかった出来事で決着がついた。
 
その出来事は、終了間際の後半ロスタイムに起きました。
 
両チーム引くことのできない状況の中、川澄選手があげた右クロス。
バセット選手が必死にクリアしようとしますが、
 
不運にもオウンゴールを招いてしまったのです。
 
このオウンゴールが勝敗の分け目となり、2-1でなでしこジャパンが試合に勝利。
 
終了のホイッスルが鳴り響く中、オウンゴールにより準決勝に負けに導いてしまったバセット選手。
責任を感じ、その場に泣き崩れてしまいました。

 
1
 

この事態にチームメイトは駆け寄り、支えられながらバセット選手はピッチを後にしました。
 

意図しないオウンゴールをしてしまったバセット選手。
そんな彼女のTwitterに、世界中のサッカーファンからメッセージが届いていました。
 

 
彼女は頭を上げるべきだ。
一生懸命プレーした。
あれは単に不運だっただけだ。
 
彼女たちは自分たちを誇りに思うべき。
準決勝進出でも偉業だよ。
 
公平なことを言うとすれば、すごいゴールだった。
今大会のベストゴール。
違うゴールネットに入ったことは残念。

 

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る