自殺した男子生徒が自殺前に担任とやり取りしていた連絡ノートが公開。そこには担任の無責任過ぎる発言が数々記されていた

2015.07.12 topics

1

岩手県矢巾(やはば)町で、中二の男子生徒がいじめを理由に自殺をしたとみられる問題。
 
この問題が起きる前に、その男子生徒と担任の先生との間で「連絡ノート」と呼ばれる、1日の出来事を報告するノートでのやりとりが交わされていたことが分かり、”その内容”が問題視されています。
 
その連絡ノートには、
 
「先生にはいじめの多い生徒の名前をおしえましょう。もうげんかいです。」
 
と、生徒が訴える記載があり、それに対して
「上から目先(目線)ですね」
 
と、担任が赤ペンで回答している記述が見つかったようです。
 
その他にも問題視されるやりとりが見つかり、ネットユーザーも声を揃えてこの担任の対応に批判をしています。
 
心の底でずっと助けを求めていた生徒に対し、担任はどのような回答をしたのでしょうか。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る