保育園の帰りに敷地内へ空き缶を捨てて立ち去る母親。すると隣にいた子どもがすぐさま空き缶を拾い、母親に”あるお願い”をした。

2015.07.19 topics

ho1

私は、保育士をしています。
 
小学校の頃の卒業アルバムに「大きくなったら保育園の先生になりたい」そう夢を綴っていたほど、なりたかった職業です。
 
念願の保育士という仕事に夢と希望を膨らませていました。
 
しかし、実際働いてみるとやはり夢と現実は大きく掛け離れているもの。
 
子どもたちはもちろん大好きなので、それが唯一の癒しですが、私の務めている保育園は規模的にかなり大きく、子どもたちというよりは”大人のしがらみ”の方が強く、先生である前に”組織の一人”といった状態なのです。
 
もちろん、社会とはそういう所だと理解しているので当然なのですが、もっと子どもと触れ合ったり保育士として生き生き働きたい。
そんなやり切れない気持ちからどんどん仕事への意欲も低下していた時期がありました。
 
そんなある夕方のお迎えの時間に、一つ勇気付けられる出来事があったのです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る