トイレ清掃員のおばさんを馬鹿にした大学生。しかし横にいたおじさんの”ボソッと一言”に彼らは凍り付いた

2015.07.21 topics

1

そんな経験を経てきた私にとって、どんな仕事でも差別されずに必要とされる仕事は有り難く、とてもやりがいのある事。
 
来年で55歳を迎えますが、日々喜んでトイレの清掃を行い、利用者が快く使用出来るよう心がけてピカピカにしています。
 
清掃中は、もちろんトイレ前に「清掃中」の立て看板を置いて作業をしますが、それでも利用者はどんどん入ってきます。
 
普段、利用者にとっては”空気”の様な存在である私達は、特段気にもしませんが気にもされていません。
 
それぐらいが丁度いいのです。
 
しかし、ちょうど1年程前にとても嫌な経験をしたのです。
 
いつも通り男子トイレの清掃に入り、小便器をゴシゴシと掃除していた時です。
ビジネスタワーでもあるそこでは、丁度どこの企業も新卒採用の面接を行っている時期でしたので、大学生などリクルートスーツに身を包んだ若者が頻繁に出入りしていました。
 
私が小便器を丁寧に掃除していると、笑いながらまだ初々しい姿の大学生2人がトイレへ入ってきたのです。
 
そしてすぐに小便器を掃除する私に向かって酷い言葉呟いてきました。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る