深夜の帰り道、道端でブツブツ呟く小学生の姿が・・・不気味ながらも近づくと鳥肌が立つ展開へ

2015.07.24 topics

sam11

 

コンビニでアルバイトをしている僕は、いつも帰りが夜中0時を回ります。
 
お恥ずかしい話、大学を卒業して以来就職に失敗して、ずっと大学時代からバイトをしていたコンビニでそのままズルズルと働いている現状。
 
毎日同じ事の繰り返しで、希望も夢も失ってしまい、時には自分は何故生きているのかさえも自問自答するほどダメになっていました。
 
そんないつもと変わらないバイトの帰り道。
僕自身、もっと人生を考えなければいけないと考えなおす事となった出来事がありました。
 
この日は、入れ替わりで入るバイトが少し遅れたので、いつもより一時間程遅く帰宅。
店を出て見慣れた帰路をぼぉっと歩いていました。
 
 
「気分転換に、たまには違う道から帰ってみるか。」
 
 
ふと思い立ち、少し遠回りをしていつもとは違う道から帰る事に。
 
いつもの大通りから道を逸れ、車は一方通行になるちょっと狭い道へ。
「こんなとこあったんだなぁ」と、薄暗い道を新鮮に感じながら歩いていました。
 
すると、交差点の隅っこに男の子がポツンと1人座り込んでいたのです…

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る