この絵を描いた”ある人”が芸術家に!?彼が25年間描き続けた軌跡とその作品の変貌ぶりがスゴイ!

2015.07.27 topics

人が何かの分野で”天才”と思われるぐらいの力を発揮するには、その分野に最低1万時間という時間をかける必要があると言われています。
 
1万時間とは1日1時間ずつ費やしたとすると、10000÷365=27.39…約28年もの月日が必要ということです。
 
当然それに費やす1日の時間を増やしていくと、上達のスピードは加速していくことになります。
 
今回ネット上で見つけた、香港出身のマーク・アランテというアーティスト。
 
彼は2歳から25歳までの作品22点を、自ら海外サイト『imgu』にアップしており、その年齢を重ねる毎に成長していく絵の変貌ぶりが、人間の無限の可能性を感じさせてくれます。
 
誰だって初めから上手く出来るわけじゃない。
時間をかけて何度も何度も練習することによって少しづつ成長するんだ。
 
そう強く感じさせてくれる彼の描いた25年間の軌跡をご覧ください。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る