姿を消した二千円札。その二千円札に驚きの価値が付いていると話題に…「2千円が10万円になる!?」

2015.07.29 topics

satsu

 

最近めっきり見かけなくなってしまった二千円札。
以前は5億1300万枚もの流通量があったものの、今では1億枚を下回る流通量になっているようです。
 
流通量の低下の主な原因は”2003年以降は製造されていないから”だそうです。
おそらく今後も流通量が低下していき、今よりもっと見かけなくなってしまうでしょう。
 
流通量が減少するということは、同時に「二千円札に希少価値がでる」ということ。
 
希少価値があるものは、コレクター達の間で「高値で取引」されることもあります。
さらにひと昔前に流行した「ギザ10」のようなエラー紙幣であればなおさらでしょう。
 
th_画像1
 
エラー紙幣とは、印刷にズレが生じてしまっているものや、製造番号に誤りがあるもので印刷技術が発達している現在ではエラー紙幣が流通してしまう可能性は限りなく低いそうです。
 
しかし、”限りなく低い”ということは、流通してしまうケースもあるということです。
 
現在流通している「二千円札のエラー紙幣」でなかには10万円以上の価値がつくものもあるのだとか…
 
そのエラー紙幣とはいったいどんな紙幣なのでしょうか。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る