姿を消した二千円札。その二千円札に驚きの価値が付いていると話題に…「2千円が10万円になる!?」

2015.07.29 topics

satsu

 

こちらが二千円札のエラー紙幣になります。
 
th_画像2
 
二千円札には、製造番号が左上と右下の2箇所に記載されており、この製造番号は一緒になっているのですが、この画像のものは誤った製造番号が記載されています。
 
画像の二千円札は”左上と右下で製造番号が異なっている”ことにお気づきでしょうか。
左上の製造番号の先頭のアルファベットが「J」右下は「L」となっています。
こちらは通称「JL券」と呼ばれており、コインショップで14万円で販売されていたこともあるそうです。
 
他にもエラー紙幣はかなりの価値がつくようで、「JL券」のようにアルファベットや番号によっては「10万円」を超える値段がつくものもあるそうです。
 
エラー紙幣ではなくても、価値の高いものもあるそうなのでご紹介します☆

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る