姿を消した二千円札。その二千円札に驚きの価値が付いていると話題に…「2千円が10万円になる!?」

2015.07.29 topics

satsu

 

先ほどの左上と右下の製造番号の先頭のアルファベットが「A」のものはと未使用備品であれば、だいたい約4千円で取引されているそうです。
 
こちらはエラー紙幣よりも比較的に入手しやすくなっていますが、4千円つまり、2千円の倍の価値がつくとは驚きですよね。
 
現在では、二千円札の両替をお断りしているお店もある程普及が少なくなってきている二千円札。
 
th_画像3
 
希少価値が出れば出るほど価値が上がるのですから今後さらに高値がつく可能性も大いにあると思います。
今手元に二千円札があるのであれば、綺麗に保管しておいても良いかもしれませんね。
 


Writing by Yusuke Horiuchi of cadot


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る