【8月6日原爆の日】新聞のテレビ欄を縦読みにすると、中国新聞による”あるメッセージ”が隠されていた。

2015.08.04 topics

sum1-2

8月6日は、広島原爆の日。
 
1945年8月6日に、広島市に原子爆弾が投下され十余万人の尊い命が奪われました。
 
それ以降、忘れてはならない過去として私達の胸に刻むため、その日を原爆の日としました。
 
そして今も尚、8月6日には広島平和記念公園にて『広島市原爆死没者慰霊式並びに平和記念式』が例年行われており、そこでは核兵器廃絶と恒久平和実現を願いが込められた市長の平和宣言が出され世界各国に発信されています。
 
そして2014年8月6日の『広島原爆の日』に中国新聞が発行した新聞のテレビ欄を見た人が感動したという声が挙がり、ツイッター上で話題に。
 
横書きの文字を、縦に読むと…!その内容に、「感動した」「素敵」「すごい、中国新聞やるね!」というコメントが溢れました。
 
一体どんな内容だったのでしょうか?
 
そこには原爆の恐ろしさを体感した人だからこそ発信できるメッセージが書かれていました。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る