芸人で売れた途端、お金を催促し続ける母。母の死後、そのあまりにも衝撃的な理由を知った武さんは泣き崩れる事に。

2015.08.14 topics

takeshisam

「ビートたけし」こと「北野武」さん。
 
昭和55年に起こった”漫才ブーム”でブレークし、今では”お笑いBIG3”の一人と言われ、テレビで見ない日はないほどの大人気で、実力もある大御所のお笑い芸人です。
 
お笑い芸人としてだけではなく、映画監督として「世界の北野」と讃えられたりなど、色々な分野で才能を発揮していますね。
 
武さんのお弟子さんや付き人は、”たけし軍団”と呼ばれるほどたくさんの人が彼を慕い、人望も厚いことが伺えます。
 
つまり「大成功をしている人物」という事。
 
そんな武さんのお母さんはすごく教育熱心な人でした。
時には「飯に金をかけるのなら参考書を買う」と言って、生活費を削ってまで教育費にあてていたこともあるのだとか。
 
その熱心な教育の甲斐あってか、武さんのお兄さん達も社会的に立派な活躍をされています。
 
長男は会社の取締役。
次男は大学教授。
そして末っ子の武さんは国民的お笑いタレント兼世界的映画監督。
 
もちろん彼らの努力もあったのでしょうが、それを支え背中を押し続けたお母さんも素晴らしいですよね。
 
しかし、武さんが成功しお金にも余裕が出てきた頃、お母さんの態度が急変してしまうのです。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る