「2万人に1人の難病”アルビノ”」白く美し過ぎるその少女に付けられたふさわしい呼び名とは

2015.08.17 topics

sam1

 

皆さん『アルビノ』をご存知でしょうか?
 
『アルビノ』とは2万人に1人と言われる遺伝子疾患である『先天性白皮症』という病気の一つです。
この『アルビノ』の症状は、生まれつきメラニン色素を生成する遺伝情報が欠落し、体毛、虹彩、皮膚などの色が白化してしまう特徴があります。
 
その特徴から『アルビノ』は天使の様に澄んだ瞳と髪の毛・肌をしており、遺伝子がもたらした奇跡とも言われています。
そんな一人の『アルビノ』の女の子が美しすぎると世界各国から大注目されているのです。
 
彼女の名前はナスチャ・クマロヴァさん。
 
ロシア出身の18歳の女性です。
そのあまりにも白く美しい姿からつけられた呼び名は『エルフの女王』
現在Vogueなどのモデルとして活躍中。
 
そんな本物のエルフのように美しい、ナスチャさんの写真をいくつかご紹介します。
 
1

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る