「見た事、ありますか?」100年前の日本の写真が写し出している”日本風景”。約1世紀で日本は何を得て、何を失ったのでしょうか・・・?

2015.08.24 topics

6

世界から賞賛を受け続けている『美しき日本』
 
その美しいと言われる所以として、自然の中に四季折々の美、古き町並みにある伝統美、そんな自然遺産や文化遺産などが存在しているからだと言われています。
 
皆さん、そんな”美しき日本”の『過去』の写真を見たことはありますか?
 
現在、100年以上前の日本の人々の暮らしや風景を収めた写真のアルバムが話題を集めています。
 
このアルバムは、2013年に明治時代の写真家、玉村康三郎がアメリカの出版社の依頼で撮影した当時の写真が、イギリスでオークションにかけられたことにより世に知られることになりました。
 
100年以上前の日本の人々の暮らし、さまざまな風景…
 
その他の写真家の作品も交えて、約一世紀で日本が何を得て、何を失ったのかを感じられる写真を厳選してご紹介いたします。
 
注意:独自に着色されている作品も含まれています。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る