「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹投手。不調が続く中、実はトンでもない”転職オファー”を受けていた事が判明!!

2015.08.26 topics

sam1

皆さん「ハンカチ王子」こと斎藤佑樹選手をご存知でしょうか?
 
2006年の夏の甲子園では当時、駒大苫小牧のエースだった田中将大と投げ合い、全国制覇を成し遂げ、大きな話題を集めました。
 
その投げる姿、ハンカチを手にしながら投げる爽やかな姿から「ハンカチ王子」と異名がつけられ、早稲田大学へと進学。
 
大学でもエースとして数々の実績を残し、ドラフトで他球団と競合の結果、2011年より日本ハムへと入団が決まりました。
 
しかし、ここから不調が続き、なかなか結果が出せず「球団とファンを裏切り続けている」と、自身も嘆き悶々とした日々を送っているそうです。
 
そんな斎藤選手、実はとんでもない場所から転職のオファーを受けていたと密かに話題になっているのだとか。
 
不調続きの斎藤選手にとって、とても好条件を提示する職業だったそうです。
このオファーは、本人も予想していないかった『トンデモないオファー』だったのです。
 
1

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る