「ゾンビみたい…」障害学級に通う少年への止まない偏見。その酷い言葉を持論で切り返した少年の言葉に涙が止まらない。

2016.01.04 impression

kodomo

 

この言葉には、さすがに和気あいあいとしていたクラス内も静まり返ります。
 
○○○君とは、口唇口蓋裂を患う男の子。
 
彼は、クラスの男子からも信頼があり人気者。
そんな事もあってか、この酷い発言をした女の子グループに他の男子生徒が一気に食い掛かったのです…!

 

 
おい、謝れよ!
○○○が可哀相だろ!
 

 

いつしかクラス内は楽しい話ではなく喧嘩ムード一色。
 
ただ、教師として勿論この女子生徒達が発した差別的な発言を見逃すわけにもいかず、私自身もその女子生徒達を廊下へと連れ出して注意する事に。
 
少しキツ目に注意をしていた時、廊下にゾンビ呼ばわりされた当の本人である男の子が1人でやって来たのです。
 
そして、私や女子生徒に一言。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る