「遅いな前の車…」前方の車に苛立つ母親。隣の息子が発した”一言”が胸に突き刺さる

2015.01.21 impression

th_sum

 

子供は、前方の車に苛立ちを感じている私に、こう言いました。
 
「大丈夫かなぁ」
「前の車の人、具合悪くなってたりしないかなぁ」

 
私が苛立っていた車を、体調が悪くてゆっくり走っているんじゃないかと、心配する言葉をつぶやいたのです。
 
その時、苛立ちを覚えていた自分を、心から恥ずかく思いました。
同じ物事を見ているのに、こうも見方が違った事に、強い衝撃がありました。
 
子供には、「思いやりのある子になるんだよ」「人に優しくなるんだよ」と教えているのに、自分はちょっとした事で苛立ちを覚えている。
まるで、子供が「人優しくなるんだよ」と私に教えてくれているかの様な、そんな感覚さえあったのです。
 
子供に、「そうだね、大丈夫かな」と優しく返しましたが・・・
内心は、強い反省を覚えた事が、今でも鮮明に記憶に蘇ります。
 
大人は色んなことを経験していて、あらゆる出来事を自分で解釈する様になります。
しかし時には、自分の都合の良い様に解釈をする事で、人として、大切なものを失くした解釈をしてしまう事も。
もしかしたら、そうした歪んだ解釈は、中々大人自身が自分で自覚する事はできないのかもしれません。
 
そして純粋な子供は、そうした事を私たちに教えてくれる、貴重な存在なのではないでしょうか。
 
子供から学ぶ事は、たくさんあります。
そうした学びに気付く事で、大人の私たちも成長する事ができる。
 
子育てとは、自分を育てる、大切な時間なのかもしれませんね。
 


Writing by Masaki Shinohara


Cadot(カド)は、心暖まるキュートな話題を
毎日あなたにお届けします。

ステキと思ったら、是非フォローして下さい
 

 
【あなたのストーリーを広めませんか?】
Cadot-カド-では、読者様の心暖まる話や心に響く感動話を募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします☆
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

 
【本記事の無断転載について】
本記事は、読者からの寄稿または取材を元に弊社専属ライター及び弊社契約ライターが作成した記事になり、記事の著作権は弊社のみに帰属します。
キュレーションサイト、バイラルメディア、まとめサイト、ニュースサイト、ブログなどへの本記事コンテンツの無断での部分引用・全文引用・流用・複写・転載について固く禁じます。
無断掲載が確認された場合、法人・個人問わず弊社が別途定める掲載費用をお支払いいただくことに同意されたものとします。
※著作権法に定められる一般的な「引用の目的上正当な範囲」(参考リンク先『審友会』引用説明1~4における全ての条件を満たす範囲)での一部引用については、この限りではありません。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る