お腹を空かせていた野良犬が咥えていたのは、人間の赤ん坊・・・この後の展開が大きな話題に。

2016.03.28 impression

th_sam1

 
お腹を空かせた野良犬は自分の食欲のために赤ん坊を食べてしまうと誰もが思いました。
 
しかし、この野良犬が決して食べることなく、なんと赤ちゃんを咥え一番近くの民家まで運んだそうです。
 
2
 
その様子はまるで『助けてあげて!』とでも訴えるようだったと住人は語ります。
 
すぐさま病院に運び込まれた赤ん坊は、健康状態に問題はなく、さらには犬が咥えていたことによる傷もなかったそうです。
 
このまま誰にも見つかることなく赤ん坊が放置されたままだったら恐らく亡くなってしまっていたでしょう。
そう思うと、息絶える前に野良犬が見つけたことは、本当に奇跡ですね。
 
こちらの野良犬はメスだったそうで、たとえそれが人間だとしても赤ん坊を見ると母性本能が彼女を動かしたのでしょうか。
 
世界から賞賛浴びていますが、決して美談とは言い難いこの出来事。
 
この地域では、赤ん坊が捨てられていることは決して珍しいことではないそうです。
しかし、いかなる理由で有っても、赤ん坊を捨てるという身勝手な行動は決して許されることではありません。
 
この世に生まれて悲しくもゴミのごとく捨てられてしまう赤ん坊が世界中から少しでも減るように、命の重みをしっかりと責任を持てる大人で溢れた世の中になることを切に願います。

 


Writing by S.Shingo of cadot


出典:godfruits.tv


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る