重度のアレルギーを持つ子供はみんなと食事ができない…。そんな子供の母親に先生が送った1通のメールに号泣

2017.01.30 impression

am

 

2

 

 
「今回のパーティーはカイデンくんが食べられるものだけを用意して開こうと考えています。
シーツ先生と私で、以下のものを買いに行く予定です。
 
・「Mott’s」の100%リンゴジュース
・「Lucky Charms」(スナック菓子)
・「ARMOUR」のソーセージ
・ 砂糖不使用の「JELLO」
・「Lays」のポテトチップス(黄色)
 
カイデンくんが、周りの子の食べてるものを好きなように食べられる一日です。
 
お母様がカイデンくんのために普段持ち込む食べ物や、事前にいただいたリストを参考に選びましたが、上記の中に、もし問題のあるものが含まれていたら、お知らせください。
 
また、明日か金曜日、安全を確かめるためにご来園いただくことができれば、なおのこと幸いです。」
 

 

思いも寄らない、カイデンくんのために企画された特別なパーティーだったのです。
シャノンさんは嬉しさのあまり、その場で泣き崩れてしまい、涙が止まらなかったと言います。
他のご家庭には事前にメールを送ってくれていたそうです。
 
パーティーの当日、シャノンさんは、子どもたちに対して、アレルギー反応が出ない自家製のカップケーキを振る舞ったそうです。
 
母親の子どもを想う強い気持ちがこんな奇跡の物語を生み出したのでしょうね。
みんなと一緒のものを食べることができたカイデンくんは、とても喜んでいたそうです。
 
シャノンさんとカイデンくんはきっとこの日の出来事を忘れることはないでしょう。

 


Writing by S.Shingo of cadot


出典:themighty.com


Cadot(カド)は、「旬」な話題を
あなたにお届けします。

 
【あなたの「旬」な話を募集しています】
Cadot-カド-では、読者様の実際に体験した話や知っている裏話などを募集しています。
Cadot-カド-で取り上げて欲しい話がありましたら、こちらまでメールをお願いいたします。
 
※採用された場合、公開前に記事内容の確認のメールを差し上げます。
また、全ての話を採用する訳では御座いません。予めご了承くださいませ。

編集部 Pick Up!

同じカテゴリーの記事

TOPへ戻る